No.26

生活とか写真とか音楽とか?あと美味しいもの?

top

第14回「東京蚤の市」に行ってきました!

11月の気になるアレコレでも紹介した「東京蚤の市」に行ってきました!

出店がどれも素敵で、シャッターが進む催しでした。

いっぱい写真を撮ってきたので、現地の様子を写真でお伝えしていきます。

東京蚤の市の詳細は公式をチェック!

第14回東京蚤の市に行ってきました!

東京蚤の市は、土日それぞれ9時-17時の開催。

混むらしいし9時から行くぜ!と気合を入れるも、実際に駅についたのは11時。

東京都江戸川区から、はるばる京王多摩川駅までやって参りました。

駅を出るとすぐ会場「オーヴァル京王閣」があります。

めちゃ並んでる!と思いきや、入場は意外とスムーズ。ほぼ並ぶことなく、入場料500円を支払い入場できました。

食器やドライフラワー、雑貨など、魅力的な出店に後ろ髪ひかれながらも、僕より2時間近く早く会場入りしていた友人の元へ急ぎます。

本当は3人で9時に集合だったんですが、僕は寝坊するし、もう1人は来ないしで、唯一ピザだけが時間どおり。非常に申し訳ない・・・。

ごめん、本当はちょっと寄り道した。

はい、合流。ぼっち参加する予定だったところ、「一緒にいきましょー!」と声をかけてくれた可愛い後輩ピザくん(@repezen0819)です。

彼とはブログ仲間を通じて知り合いました。彼は『このピザあなたと半分こ』というブログを運営していて、音楽や漫画、映画などカルチャーのことを彼の言葉で発信しています。

音楽の趣味も近くて(というか、彼の守備範囲が異常に広い)、多少マイナーなバンドの話も事前説明なしにスイスイと進んでいきます。大学時代に所属していた音楽サークルのノリで話ができて、ずっと昔から知り合いだったかのような感覚です(笑)

結構なカロリーがありつつ、ウィットに富んだ彼のブログ、おもしろいので是非チェックしてみてください。

hannbunnko.com

そしてピザと昼飯を食べててたら、Leica M3で写真を撮るワタナベさん(@sutougen)を発見しました。こっそり撮りました(笑)

フィルムカメラ・写真に関するnoteを書いているワタナベさん。これを読むとフィルムで撮りたくなりますよ。

note.mu

しれっと知り合いに会えたりするのも、こういうイベントの楽しい所。ちなみにワタナベさんの後ろのコンバースハイカットの女性はX-Pro2使いでした。

財布のヒモを緩めざるを得ない

さて、この「東京蚤の市」は気づくと札が飛んでいく仕組みになっています。

この後冷静になったので、わりと購入は最小限に抑えましたが・・・(笑)

セットで揃えたくなるような食器がたくさんあったり

ふぞろいの古びた椅子があったり

店でも開くんですが、というハンガーがあったり

これどう使うんですか、だったり

おしゃれな服がたくさんあったり

ドライフラワーやフラワーアレンジメントがあったり・・・目移りしまくる〜〜

ライブもある

東京蚤の市では、各所でライブが開催されています。これがめちゃ緩くて最高です。

混んでるけど、まあまあいける

かなり人が多いイベントなのですが、ぎゅうぎゅうで全く見れない・買い物できない!というわけではありません。

再入場も可能で、何かあったら(お金おろしたいとかね)、近くのコンビニに行くことも可能です。

ただトイレ列(特に女性)はなかなかでした。駅のトイレも混んでましたし、出発駅で済ますなど、出来る限り回避したいところ・・・。

かもめと街のチヒロ(@kamometomachi)さんが、とても丁寧に攻略法をまとめて下さってます!めちゃ助かりました〜

www.kamometomachi.com

次は5月かな。また行こう。

そんなこんなで、めちゃ楽しい催しでした!

毎年5月と11月に開催されているので、例年通りいけば次は2019年5月かな?いずれも気候の良い時期なので最高。

何点か食器や花瓶などを購入したので、別記事で紹介したいと思います!

では!

▲今回の写真はフィルムで撮影。いつもよりハイキー気味で撮ったら良い感じでした!