No.26

生活とか写真とか音楽とか?あと美味しいもの?

top

MacBook Airとサヨナラして、iPad Pro 10.5を購入しました!

購入しました〜。

外出時の作業を考えとき、自分にとって良い選択ができた気がします。

僕がMacBook Airでやっていることは、iPadで完結する

もともとはMacBookへの買替えを検討していた、MacBook Air(13インチ、mid 2012)。利用シーンは外出時の写真編集・ブログ執筆。iMacがあるので、サブPCとして使っていました。

買替えしたかった主な理由は、ディスプレイが非Retinaであるということ。僕が写真を編集したり閲覧するデバイスのうち、唯一RetinaディスプレイでないのがMacBook Airでした。いつもと違うディスプレイでの写真編集は、調子が狂うのです。

ただ、そもそも僕がMacBook Airでやっている作業って、おおよそPadで完結してしまうんです。そして家でも優秀なビュウワーとして活躍してくれるという理由で、iPadの購入に至りました。

iPadでできる①写真の現像(Lightroom CC)

直近のLightroom CCのアップデートが効きました。PCのLightroomCCでプリセットが読み込めるようになったことに加え、全デバイスでの同期が可能になったのです。

僕の写真現像には欠かせないVSCOがPCと同じように使えるので、iPadでの写真現像の死角が一つ無くなりました。

写真現像において、自分のメイン環境はあくまでもiMac。外出時や帰省時など、iMacがさわれないときはiPadのLightroomアプリで実施することに。iMacではLightroom classic CCを利用しているので、そこから未現像の写真のみをLightroomCCに同期させることにします。

ただiPadに直接写真を取り込んで、それを現像するという場合は検討の余地があります。あくまで自分のメインライブラリはiMacのLightroom Classic CCで、iPadに取り込んだ写真をiMac上にどう着地させるかが課題です。

iPadでできる②ブログ執筆

こちらもはてなブログのアプリを使って、問題なく行えますね。僕の場合、ブログに貼り付ける写真は主にflickrから読み出しています。Lightroom CCのアプリで現像した写真を、iPad上でflickrにアップロードし、はてなブログのアプリで貼り付ければOKです。

iPad Pro 10.5という選択肢

今回購入したiPadは2017年に発売されたiPad Pro 10.5 のセルラーモデル。容量は64GBです。2018年に発売されたコスパ抜群の9.7インチiPadと悩みましたが、これに決めました。

10.5インチという絶妙なディスプレイサイズ

このディスプレイサイズに惹かれました。大きすぎず、小さすぎない、気軽に持ち運べるサイズの限界を行った感じがいいですよね。またベゼルの狭いデザインも好みでした。

スマートキーボードが使いたい 

Apple 10.5インチiPad Pro用 スマートキーボード/日本語 JIS/MPTL2J/A

Apple 10.5インチiPad Pro用 スマートキーボード/日本語 JIS/MPTL2J/A

 

まだ購入していないのですが、スマートキーボードというApple純正のiPad用キーボードが使えるというのも、iPad Proの魅力。9.7インチのiPadだとこれが使えません。逆に他のキーボードでもいいやって場合、9.7インチiPadの選択は十分ありだと思います。

容量は64GBを選択

256GBと悩みましたが、僕の利用用途だとこの容量で十分だと判断しました。

僕の場合、基本的にiMacで取り込んだ写真の一部をクラウドで同期させてiPadで編集するので、iPadのローカルストレージを消費しません。また、同期させる写真はあくまで未現像の写真なので、処理が終わったら同期対象から外していきます。仮にオフラインでも編集できるよう一時的にiPadローカルに置いたとしても、せいぜい10〜20GB程度です。

写真以外にストレージを圧迫する可能性がある要素は特にないため、64GBを選択しました。

セルラーモデルを選択

過去何台かiPadは使っていましたが、一度だけWifiモデルを使用したことがありますが、なかなかにストレスだったのでそれ以降iPadはセルラーと決めています。

ストレスのポイントは電車などの数分だけiPadを使いたいときに、いちいちiPhoneのテザリングをオンにしないといけないこと。また、iPhoneでテザリングした場合、iPad側はWiFiとして認識するため、アップデートや写真の同期などが走ってしまうこと。iPhone側のデータ通信量をかなり消費してしまう恐れがあります。

そんなこんなでiPadの利用が億劫になってだんだん使わなくなったんですよねー。セルラー版の方が値は張りますが、売るときも高くつくので、良しとしましょう。

まとめ

iPadはこれまで何台か使ってきました。iPad2→iPad mini→iPad Air→iPad mini 2だったかな。。ただどれも日に日に使わなくなっていったんですよね。「ほしい」という気持ちが湧きやすいデバイスだと思うんですが、明確な使用目的があり、かつそれがストレスない形で実現できて初めて長続きするデバイスだと思います。

こんなことを書いておいて、自分も1ヶ月くらいで使わなくなる可能性も無くはないですが、より快適な使い方を模索できればなーと思っています。

では!

上記リンクはWiFiモデルです 

保護フイルムはガラスのこれ

背面ケースはいらないかなーと思いつつ、念の為。 ケースをつけたままスマートキーボードが使えます。