No.26(仮)

生活とか写真とか音楽とか?あと美味しいもの?

top

秋に聴きたいアルバム10選。

少し肌寒くなってきました。

ホットコーヒーがいつもより美味しく感じたり、甘いものが食べたくなったりします。そろそろ紅葉もいい頃合いで、街を歩くのも楽しくなったりします。

が、この季節にありがちなのは、せっかくの休日に、朝寝坊ミステイク。春眠暁を覚えずならぬ、秋眠暁を覚えず。紅葉より布団。16時台には薄暗くなるこの時期、出かけるのが昼過ぎてたらなんだか虚しく終わる。

ということで、そんなときは思い切って、出かけるのを止めてしまうのもアリなのでは。のっそり起きてコーヒー飲んで、掃除したりして、コーヒー飲んで。昼ごはんは有り合わせで作ってもいいし、ピザ頼んでもいいし。そのあとコーヒーは多めに入れて、お菓子を買い込んで。

残り必要なのはグッドミュージックですね!?(前置き長い)

秋に聴きたいアルバム10選。

当たり前だけど、超個人的な趣味趣向によるセレクト。落ち着く感じのを選んだつもり。

しかしこの手の記事ってYoutubeを貼るパターンが多いと思うんですけど(自分も以前そうした)、アンオフィシャルなケースが多い気がして、iTunesの視聴リンクを貼ってみました。

クールな方法を知っている方いたら教えてください!(ひたすらレコ屋の地図を貼るとか?)

Moenie & Kitchi / Gregory & The Hawk

USのSSWの10年前くらいのアルバム。

全体的にメランコリックな雰囲気で、ポップなメロディーが相まってグッと胸にきます。

Oats We Sow

Oats We Sow

  • Gregory and The Hawk
  • オルタナティブ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

Amazon ▶ Moenie & Kitchi

Ghost Town / Owen

American football、Cap'n Jazz、挙げだしたらキリがないほどナイスなバンドに関わっているマイクキンセラのソロ名義Owen。

このアルバムは6年前のちょうど今頃発売されて、よく聴いていました。

相変わらずオープンチューニング多様のギターサウンドはたまらないし、それに乗っかるグッドメロディー&ボイスが最高。

Too Many Moons

Too Many Moons

  • OWEN
  • オルタナティブ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

Amazon ▶ Ghost Town

Bon Iver / Bon Iver 

いつぞやかのグラミー賞受賞、ボン・イヴェールのセカンド。

初っ端から結構壮大な曲なんですけど、寄り添ってくるようなメロディーと、絶妙なトラックメイキングで、親しみやすいアルバム。グッドソング集。

Holocene

Holocene

  • ボン・イヴェール
  • オルタナティブ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

Amazon ▶ Bon Iver

Unmap / Volcano Choir

で、そのボンの中の人が以前からpeleの人とかとやってるバンド、Volcano Choir。

ボン・イヴェールmeetsポストロック(というかpele)。

奇抜な印象はあるものの、耳障りの悪くない、少し寒い空気の澄んだ部屋で流したいアルバム。

Husks and Shells

Husks and Shells

  • Volcano Choir
  • オルタナティブ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

Amazon ▶ Unmap

Carrie & Lowell / Sufjan Stevens

一時期めちゃくちゃ良く聴きました。

とてもシンプルで、温かい歌声とギターのアルバム。

シンプルなことはやり尽くされているようで、焼増しのようですが、新しいそれがどこかで産み出され続けているというのは、とても貴重なことだと思います。

Death With Dignity

Death With Dignity

  • Sufjan Stevens
  • オルタナティブ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

Amazon ▶ Carrie & Lowell

ghost and tape / ghost and tape

スペインのアーティストらしい。

心地よいノイズ、電子音、アコースティックギター、存在感の無いヴォーカル。

のんびりとした秋の休日に。

It's Morning

It's Morning

  • ghost and tape
  • エレクトロニック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

Amazon ▶ Ghost and Tape

The Greatest / CAT POWER

USのSSW、キャット・パワーの2006年作(ベスト盤じゃないよ)。

癖のある曲(もいいんですけど!)が少ない、聴きやすいグッドソング集。

The Greatest

The Greatest

  • キャット・パワー
  • オルタナティブ
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

Amazon ▶ Greatest [12 inch Analog]

Wang / Oh Shu

おっとここまで邦楽がなかった。

上海生まれ、日本育ちのアーティスト王舟(おうしゅう)。

ほっこりするオルタナ・カントリー曲の連続、最後のThailandでノックアウトです。

Thailand

Thailand

  • 王舟
  • オルタナティブ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

Amazon ▶ Wang

Lemon of Pink / The Books

ブックスはどれ聴いても秋に合うんですけどね・・・(ていうかオールタイム)。

生活音(人の声を含めた)のサンプリングが弦楽器と溶け込むフォークトロニカ。このアルバムは日本でのサンプリング音声が多数使われてます。

ブックス聴くたびに、平穏な日常さいこうだなって思います。

Amazon ▶ Lemon of Pink

Poraloid Piano / Akira Kosemura

Akira Kosemuraは「Tiny Musical」の収録曲のような、感情が揺さぶられるドラマチックなピアノ曲が有名だと思う。けれどこの「Poraloid Piano」は非常に穏やかで優しいピアノ曲群で構成されている。ミュートされたピアノの、控えめな音色が心地よく、暖かな光が差し込む部屋でのんびりと聴きたくなるアルバムです。

Amazon ▶ Polaroid Piano

 

この記事を書いている最中で、はてなブログのiTunes商品貼り付けの仕様が変わったらしく、視聴ウィジェットを貼り付けられなくなってしまった・・・。せめて選択式にしていただきたい・・・。ということで、視聴はリンク先で。

以上、10選いかがでしたでしょうか。

あまり飛び道具的なものもなく、かなり似たような部類のものを選んだような気もしますが。

僕は朝寝坊ミステイクも意外と好きで、心地いい天候の中部屋から出ず、音楽をかけてぼーっとしてる時間が非常に贅沢に思えます。

誰かの秋のお供になれば幸いです。

では!

 

今週のお題「芸術の秋」