No.26(仮)

生活とか写真とか音楽とか?あと美味しいもの?

top

三鷹の森ジブリ美術館に行ってきました!

 DSCF2510.jpg

妻に誘われていってきました〜。

僕は紅の豚が好きです。

 

三鷹の森ジブリ美術館に行ってきました!

DSCF2515.jpg

雨模様の2017年秋。この日も降ったりやんだりだった〜。

美術館は事前チケット購入制

DSCF2517.jpg

チケットは日時指定の完全予約制。

毎月10日の10時に翌1ヶ月分がまとめて販売されます。

土日分なんかはすぐ無くなるので、10日になったらササっと予約しましょー。

チケットの購入方法 - 三鷹の森ジブリ美術館

館内は撮影NG。外はOK。

入り口で知りました〜。

ジブリ美術館は物語の入り口です。物語の主人公になるには、カメラを向けるのではなく、この空間をご自分の目で見て、体で感じてください。そして、思い出は心の中に大切にしまって持ち帰って欲しい、これが私達の願いです。 

利用のご案内 - 三鷹の森ジブリ美術館

だそうです!

みどころ

建物の彩りや細かな装飾が美しい

外は撮影OKってことで。

DSCF1364.jpg

これ入り口。

DSCF2521.jpg

ジブリ〜。これが美術館の外観です。

DSCF2520.jpg

いたるところに植えてある植物がとても良い。

DSCF2518.jpg

細かい所の装飾も可愛い。これ石垣にはまってたレンガ。

DSCF2522.jpg

色んな扉や窓にジブリキャラクターのステンドグラスが装飾されている。

アニメ映画の制作過程がわかる展示 

常設展示として、原画や作品アイデアのスクラップ、セル画作成、編集までがそれぞれの部屋で流れになって見ることが出来ます。

机や棚などの再現性がかなり高くて(錆びた缶ピースとか置いてあったり)、かつての制作現場を覗き見しているような気分になります。

アニメ映画の技法の歴史がわかる展示

フイルムが無い時代、人々がどうやって物語の世界を視覚化してきたかがわかります。

アニメのフイルムがどうして動いて見えるのかも、実際の映写機なんかで体験できる。

企画展

今の期間はジブリ飯。

ジブリに出てくるご飯の展示です。このワンシーン、しかも飯の描写にここまで手を加えているのかと驚愕。 

オリジナル映画

15分の映画を観ることができます。内容は月替りくらい。

ロボット兵

屋上にはこいつがいます!!

DSCF1367.jpg

DSCF1368.jpg

でかい。

DSCF2525.jpg

腰のとこから草生えてます。

DSCF2524.jpg

かっこいい。

DSCF2523.jpg

かっこいい。

カフェ「麦わらぼうし」でジブリご飯を食べる

カフェが併設されておりまして。

ちなみに超並ぶ。15時くらいは2時間待ちくらいだったのでは。

16時半くらいに行ったら割りと早めに入れました。

DSCF1376.jpg

DSCF2529.jpg

奥さんはこれが食べたかったらしい〜魔女の宅急便でマダムが出してくれるやつ。

DSCF2534.jpg

にやにや。

DSCF2535.jpg

ご満悦でした。

アクセスとか

三鷹駅から歩いても15分くらい、吉祥寺駅から歩いても15分くらい。

バスも出ていますが、せっかくなんで歩いても楽しいのではと思います。

美術館への行き方 - 三鷹の森ジブリ美術館

おわりに

ジブリが好きな人はもちろん、あまり観たことの無い方でも楽しめると思われます。

特にアニメの制作過程の展示はとても楽しかった。

 

美術館と言ってもシーンとした感じじゃなくて、結構わいわいガヤガヤ。

予約制とは言え、時間制限は特に無いので一日楽しめます。

ただその分、人が多いなーって印象。土日なのもあると思いますが。 

 

そんなに広いわけじゃなく、1〜2時間あれば全部観てまわれると思います。 

午前中から行って午後は吉祥寺ぶらぶらするのも良いかも!

是非行ってみてください〜。

 

では〜

時には昔の話を

時には昔の話を