No.26(仮)

生活とか写真とか音楽とか?あと美味しいもの?

MENU

人生のハイライト。

DSCF6103.jpg

結婚式だった(自分たちの)。

これまで長かった。東京に引っ越してくる前から式場探しをしていたから、それを含めると1年以上前から準備していたことになる。

ただ実際ほとんどの準備は1ヶ月前からで、特にラスト1週間の追い込みは自画自賛したくなるほどだった・・・。

色々な自主制作があり、久々の企画みたいで手に汗握った。

結婚式というと極めてプライベートなものだけど、公開できるものは制作過程〜発注〜仕上げまで、また折を見て紹介したい。

https://www.instagram.com/p/BVePr4cjg5b/

HASAMIのブロックマグを引出物かつエスコートカードにしたよ。タグは3日前にitoyaで紙買ってそのままキンコーズで仕上げた。タグ付けは2日前家族総出で。死ぬかと思った。#fujifilm #x100f #HASAMI #wedding #結婚式 #エスコートカード #ultramax400

当日は想像を超えた多幸感があった。間違いなく、人生のハイライトだ。

私たちのために、こんなにもたくさんの人が笑い、涙してくれるのかと思うと胸が熱くなった。

この日は色んな連続性の中で成り立っていて、人生とはなんて面白いんだろうと思った。

結婚式とは絶対的な幸福の頂点ではない。色んな人生があって、ドラマがある。自分がその連続性の上に立っていることを強く感じたとき、それが1つの幸福なのかもしれない。そんなことを考えた日でもあった。

DSCF6142.jpg

当日、X100Fを手元に、なんなら首から下げてたのだけれど、中々写真を撮る余裕がなかった。そんな中でトップの一枚を撮れた。

これまでで見た彼女の中で、最も美しかった。カメラをやっている人で結婚式を挙げる人は、とびきりのレンズをつけてこの日を迎えると良いと思う。

 

私の友人席には5Dを構えるやつが3人もいた。

id:tako3ch はα7ⅱとCONTAX T2だ。ブロニカS2はどうした?

あとは出会った頃からずっとPENTAXな友人(東亞現像)。

新婦側にも式場の現場経験ありのカメラ女子がいた。

僕が式場カメラマンなら、脇汗バッチリだ。

 

何度かイメージ通り、ドンピシャでハマる光景があった。

その1つが、新婦が父と共に入場してくるシーンだ。

音楽はPenguin Cafe OrchestraのPerpetuum Mobile。

このシーンが頭の中で焼き付いて離れない。

www.youtube.com

 

もちろん、全てがうまくいったわけではない。

 

例えば、音響オペがイマイチだったり。

カメラマンはもう1人頼んでおけばよかったなと思ったり。

(まあその程度しか思うところがない時点で、式自体は成功だと思うが)

だいたいそんなところは、ちょっとケチったところだ。

不要と思ってケチったのではなく、日和ったり、ケチ虫が湧いていたのだ。

あとから思えば大したことないことも、その時はそういうモードに入っている。お金の話は人を小さくする。

これは人生の大きな教訓になった。

 

教訓を生かし、 早速最新のiMac(27inch)を買った。

人生は有限なのだ。

Preludes Airs & Yodels (A Penguin Cafe Primer)

Preludes Airs & Yodels (A Penguin Cafe Primer)