No.26

生活とか写真とか音楽とか?あと美味しいもの?

top

10月の気になるアレコレ。

10月くらいに大掃除するのが、一番良いんじゃないかと思うんですよね。気候もちょうど良いし。 9月に書いた記事の振り返り 今月から、振り返りも含めて、前月によく読まれた記事・あまり読まれなかったけど頑張って書いた記事を紹介していきます。 富士フイ…

僕らのイタリア旅行日記 vol.9|ローマ編①

ローマに着きました。フィレンツェからitaloで2時間くらいかな。 ローマはベネチア・フィレンツェに比べて都会ですが、「これっていつの時代からあるんだ・・・?」という建物もいくつか。街中に唐突に現れる遺跡には、カルチャーショックを受けます。 ▶ 一…

写ルンですをきっかけに。「365日の残し方」をはじめます。

僕はこのNo.26というブログで、遠回しながらフィルム写真の面白さみたいなのをお伝えしてきたつもりです。 日常を撮ってみたり、旅行で撮ってみたり、皆で撮り歩いてみたり、季節を撮ったり、結婚式を撮ったり。 今回改めて、その楽しさをもっとストレートな…

「実はもう1つある感」写ルンですでも、撮ったんです。|(続)富士フイルムのカメラで、友人の結婚式・披露宴を撮った話。

先日公開した「富士フイルムのカメラで、友人の結婚式・披露宴を撮った話。」という、特に捻りのないタイトルの記事。 www.takchaso.com この記事、1日で1万PVを超え、2018年9月28日現在1.7万PVという、僕のブログでは稀に見るスーパーヒット記事となりまし…

初秋のトーキョーフォトウォーク。|有楽町→銀座→築地→勝どき

9月は3連休続きで最高だ〜! とは言っても、こういう時期に限って平日快晴・休日曇天てパターンが多い(気がしません・・・?)。 幸いにもこの日(9月16日)はちょっと暑いくらいの快晴。フォトウォーク日和です! もともとは東京の友人と「フィルムフォト…

FUJINON XF56mmF1.2 Rレビュー|被写体の存在感を引き立てる解像感とボケ

2017年7月、僕はX-Pro2を手にしました。 X100Fで富士フイルムのカメラの魅力に取り憑かれ、もっと色んなレンズで撮ってみたいと思ったことが、X-Pro2購入のきっかけでした。 そんな僕が、X-Pro2の1本目のレンズとして選んだのが、XF56mmF1.2 Rでした。 中望…

iPad Pro 10.5インチ用Smart Keyboardがいい感じ。

10.5インチのiPad Proを購入して、約3ヶ月。 www.takchaso.com iPadを購入して間もなく、Apple純正のiPad Pro専用キーボードである「Smart Keyboard」も購入していました。 僕の主な使用用途はブログ執筆・Lightroom CC・Twitter。 約3ヶ月使ってみての使用…

富士フイルムのカメラで、友人の結婚式・披露宴を撮った話。

タイトル通り、ウェディングの撮影をしました。 仕事ではなく、あくまで参列者のポジンション。しかし専属のカメラマンはおらず、友人のみの式・披露宴ということで、実質当日のカメラマンを任された形になります。 僕は基本的に有償であれ無償であれ、結婚…

FUJINON XF35mmF1.4 Rレビュー|美しいボケと描写力が魅力

フジのレンズは写りが良い。 Xの魅力をいち早く世に知らしめて、今も尚Xマウントレンズの中でも強い人気を誇るレンズ、XF35mmF1.4 Rです。 僕は既に同焦点距離のXF35mmF2 R WRを所持していながら、このレンズを買ってしまいました。F2を使っていると、どうし…

2018年夏の断片的な日常風景。|CONTAX RXとUltraMAX400

今年の夏は暑かった。 まるで外に出る気がしない日が続いたけど、外を見ると夏で、なんだかじれったい日々だった。 そんな中、CONTAX RXに入れたUltraMAX400をゆっくり巻いていった日々があって、僕の2018年夏の断片的な日常風景はこんな感じでした。 代官山…

僕らのイタリア旅行日記 vol.8|フィレンツェ編③

フィレンツェ3部作、最終章です。 日程的にはイタリア3日目の朝。この日は朝早く起きて、アカデミア美術館へ行ってきました。 朝のスナップを少々と、アカデミア美術館、最後はフィレンツェの駅の様子を。 おはよう、フィレンツェ。 7時過ぎに起床。 夜は流…

9月の気になるアレコレ。

もう今年終わる。 だいたい盆が過ぎたら、今年終わるわ〜くらいの心づもりでいます。意外と終わらないから、なんか得した気分になる。 秋が好きです。空気もだんだん澄んでくるし、散歩してても気持ちいいし。結構3連休も多くて、本や音楽のイベントも多いし…